マイナスの言葉をすぐに打ち消す

営業で断られ続けている時は、やはり精神的にこたえます。

そうでなくても仕事をしていると疲労で働くのが嫌になったりして弱音を吐いてしまうことは誰にでもあることでしょう。

ふと気がつくと「疲れた」とか「もぉいやだ」とか後ろ向きの言葉がつい口をついてでてしまう時ってありませか?

そんな時は、「疲れた」と言ってしまったすぐ後に「っていうのは冗談で~す」とか「っていうのは嘘でした~」みたいな感じで言ってしまったマイナスの言葉を打ち消す言葉を合わせて言う癖をつけると、脳は「あっ、疲れたっていうのは勘違いだったんだ~」と受け止めるので、マイナスの言葉を言い続けることによって自分の行動にブレーキがかかってしまうことを防げるそうです。

営業をしていくうえでコンディションを保つためにも、ぜひマイナスの言葉を打ち消す言葉を一緒に言う習慣をつけましょう。

スポンサード リンク