飛び込み営業のコツ(飛び込み営業を断る方法を考えてみる)

飛び込み営業をやっている方でうまく成果を出せていない方は一度相手側の立場に立って、飛び込み営業をされるかたの身になって考えてみることをおすすめします。

相手の立場になってというのは、ようするに自分が自宅でテレビを見ている時にチャイムがなって、ドアを開けてみたら営業マンがいたと、やはり最初に考えるのはどおやって断るかですよね?

営業マンに訪問されて最初から素直に話を聞く人はいませんから。そしてその断り文句を相手の話をうわの空でききながら考えます。

いくつか断り文句をあげてみましょうか。


* やみくもにけっこうです!

* いま忙しいので

* いま手が離せないので

* いま火を扱っているので

* 留守番していてここの住人出ているのでわからないです。



などいろいろありますよね。それらの一つ一つのの断り文句に対して、どうやって言わせないか、どうやって切り返すかをひとつひとつ用意しておいた方がいいです。

ダメな時はだめですが、ひとつでもチャンスをつかむために引き出しは多くしておきましょう。

スポンサード リンク