飛び込み営業のコツ(営業でスランプにおちいっているのなら台本を見直そう)

どの業界の営業でも扱っている商品を売るためのマニュアルや台本があると思う。

新人の頃はそういった台本をたたき台にして営業に慣れながら自分の営業というものを作り上げていくのではないだろうか。

営業の台本は台本というだけあってものを売るための手順が書いてある。

一般的には「切り出し、情報収集、アプローチ、クロージング」という流れが多いのではないだろうか。

もちろん会社によってはもっと細かく、クロージングの前にテストクロージングをかけたりするかとは思うが、大まかな流れとしてはだいたいこんな感じだろう。

新人のころはこのような台本を使って営業をしていき、営業に慣れて行くにつれ必要ではなくなっていくものだと思うが、もし営業でスランプにおちいっているのであれば台本を見直してみよう。

基本にもどって、自分がした提案を台本にそって振り返ってみることによってどこが間違えているのかに気づくことができるだろう。

台本があれば間違えに気づきそれを修正することができるのでぜひやってみてほしい。情報収集が不足しているのか、提案がずれているのか、きっとどこか間違えているはずだ。

もし自分の会社にそのようなマニュアルや台本がないのであれば「"クロージング " のいらない 超高確率営業法!!」を使うのも手だろう。

この「"クロージング " のいらない 超高確率営業法!!」を使って営業のクロージングをかけるまでの流れをつかむことができれば、きっと同僚に差をつけることができるだろう。

スポンサード リンク