飛び込み営業のポイント(アンテナを張る)

飛び込み営業で契約をとるにあたって、数を多く飛び込めば確率はそれに比例して上がってはいきますが、むやみやたらと下手な鉄砲を撃っても、やはり営業活動に無駄は出てきます。

そのムダを少しでも省いて効率を上げることができれば、無駄にする労力を次の契約に使うことができるので効率的ですし、契約率も上がるでしょう。

では具体的に飛び込み営業をする上で、どのようにして無駄をなくすことが出来るでしょうか?

一つの方法として、飛び込み営業をする時に、チャイムを鳴らす前に、ドアをノックする前に、その家の周辺をよく観察すべきです。

そうすればその家に住んでいる人の年齢層や生活環境を知ることができます。

例えば、自分が売っている商品が赤ちゃん用品だったら庭やドアの周辺にベビーカーがないかどうか見るべきです。

お年寄りを対象にした商品だったら杖などを探すべきです。

ドアの周辺にはいろいろと飛び込み営業のヒントがあります。そのヒントをまず探すことが大きなポイントでありコツです。

そういったところをねらって飛び込み営業をしていけば行動の無駄を省くことができて契約への確率も上がっていくことでしょう。

スポンサード リンク