飛び込み営業のコツ(メモをとる2)

なぜメモをとらないといけないかというのにはいろいろな理由があります。

・一度訪問して断られた所にまた行ってしまう可能性がある。(相手にも失礼だし、時間の無駄)
・留守だったところへは日を変えて(時間も変えて)営業にいくことができる。(営業してないところを作らない)
・再訪の約束ができたところがどこなのかをちゃんと把握しておく。
・一度断られたところでも数ヵ月後に行ってみると加入してもらえることがある。
・空き部屋だったところへは入居の確認がとれたら行ってみる。

このようにメモをとることによって非常に無駄がなく効率的に動くことができるようになります。

営業は時間との戦いでもあるので必ず営業時にはメモをとるようにしましょう。

またメモをとりやすいという点でやはり平屋(住宅)よりもマンションがオススメです。
平屋だといちいち住所、名前をメモしていかないといけないのですが、マンションでしたら住所とマンション名をかいて後は部屋番号を羅列してメモしていけばいいので非常に楽です。

スポンサード リンク