飛び込み営業のコツ(メモをとる1)

飛び込み営業をしていくうえで大事なポイントは、訪問したところのデータをきちんとメモしていくことです。

飛び込み営業というとあてずっぽうに、いきあたりばったりに営業をしていくようなイメージがあるかもしれませんが、訪問したところはメモ帳にもれなく書いていかないと後々の行動に無駄がでます。

メモ帳には営業した日付、時間、訪問した住所(マンションの場合はマンション名、部屋番号)、在宅か不在か、在宅の場合は断られたかもしくは再訪の約束ができたか、などをメモしていきます。

メモすることが多いように感じるかもしれませんがそんなことはありません。簡単でいいんです。

例えばこんな感じです。


例)2009年 3/21 18:00 ○○マンション
  
  1401 R(留守の意味)
  1402 ×(断られたの意味)
  1403 空(空き部屋の意味)
  1404 K(カタログ)渡した、再訪する

みたいな感じで自分でわかればいいので記号等を使いながらメモ帳に記入していきます。

スポンサード リンク