飛び込み営業のコツ(原因を考える)

飛び込み営業をしていると、まずほとんどが最初に断られます。

断られて当然、当たり前の世界なんですが断られるにはやはり原因がありますのでそこのところを今一度振り返ってみる必要はあります。

まず断られた原因が訪問した相手によるものなのか、それとも訪問した自分自身によるものなのかを考えて見ましょう。

訪問先の人が飛び込み営業をされて条件反射的に断った場合は仕方がないとして、もし自分自身が原因で断られているかもしれないと思っているのならば改善しなければいけません。

自分自身が原因で営業を断られるとは一体どういうことでしょうか?

一番の原因と思われるのは「自信のなさ」だと思います。

飛び込み営業では見ず知らずの人のところにセールスにいかなければならないのですから恐怖感は当然あります。

営業相手にするのは初対面の人です。しかし営業される側も当然こちらとは初対面なので信頼も何も最初からできないのです。

そのような状況で自信がない態度をとることは営業している自分自身が断られるように仕向けているようなものです。

飛び込み営業をするときは堂々と、自信を持って、しっかりとした大きい声で営業することが大きな飛び込み営業のポイントになります。

スポンサード リンク